pickup, ケーキトッパー

ミラーゴールドとグリッターゴールドの違い

2016年4月14日

お客様から、ミラーゴールドとグリッターゴールドの違いについてお問合せがありましたので、こちらにも回答をのせておきます。

それぞれの素材の特徴や、受ける印象、また制作する上でのこだわりなどを、より詳しく解説いたしましたので、どうぞご参考になさってくださいませ。

ショップページはこちら≫ CHECK!ケーキトッパー一覧

■ミラーゴールドについて

表面が、金色にミラー(鏡面)加工された素材となります。
本体が鏡であるため、会場の光やライト、景色の緑などを、表面に映し出して、さまざまな表情をみせてくれます。

ミラーゴールドは、通常の鏡とは違い、色のついたカラーミラーになります。
当店では、やわらかく淡い、とても上品な色味のゴールドミラーを採用しております。

なお、鏡はガラスではなくアクリル素材のため、重さはガラス鏡の約1/2と軽いです。

■ミラーゴールドの印象

つややかでクール、色気があり、スタイリッシュな印象です。
優しく淡いゴールドのため、金色といっても、派手派手しさはなく上品な仕上がりです。

また、清涼感があり、すっきりと爽やかな印象もあります。
男前(?)な花嫁さまや、ビーチウェディング、スタイリッシュな演出をご希望の方にも、是非おススメです。

ショップページはこちら≫ CHECK!ケーキトッパー一覧

■グリッターゴールドについて

キラキラに輝く細かいラメの粒を、表面に塗布した素材となります。
光を受けて乱反射した表面のラメの粒が、無数にまばゆくきらめき、輝きます。

また当店では、ラメの色味や粒度の大きさまで徹底的にこだわりました。
通常手に入るグリッターゴールドは、黄色味が強く、若干・・・派手派手しい印象があるため、当店では、ウェディングにふさわしい上品さと、かつゴールド感もそこなわない『シャンパンゴールド』を採用しております。

このシャンパンゴールドが本当に(!!)、優しく美しく非常に綺麗な色味のため、グリッターゴールドのケーキトッパーを探されているお客様には、是非イチオシでおすすめしたい商品となります。

またグリッターの粒の大きさも、通常サイズより小さく細かいものを採用しているため、キラキラの輝き度がさらに増した仕上がりとなっております。※グリッターシルバーも同様の、粒サイズです。

■グリッターゴールドの印象

スペシャル感のある、豪華でリッチな印象です。

当店で採用したシャンパンゴールドのグリッターは、金色といえども、華美な派手派手しさのない色味のため、ウェディングにふさわしい上品さと高貴さがあります。

派手さのない上品なキラキラのため、ケーキとのコーディネートで、スタイリッシュからキュート系、アーティスティックなご演出まで、様々な印象に仕上げることができるかと思います。

またグリッターの粒サイズを小さく細かいものにしたことで、輝きのニュアンスが「キラッキラ(※文字サイズ5)」から、「キラキラキラキラキラキラ・・・!!(※文字サイズ1)」になりました。果たして伝わったでしょうか・・・・文字にする限界を感じます・・・。とにかく、まばゆく、かつ上品な美しさでございます。

ショップページはこちら≫ CHECK!ケーキトッパー一覧

ぜひ、ウェディング会場で輝かせてくださいませ。

You Might Also Like